教本表紙最終案

ブログを読んで下さっている方は、ご存知だと思いますが、遂にヴァイオリン教本が完成致しました!!

9月5日、教本が全国書店&オンラインストアにて発売開始します!

アマゾンでは既に先行販売が始まっています。

発売を開始するにあたり、オンラインで購入できそうなのが以下のネットショップをご紹介させて頂きます。

アマゾン楽天ブックス楽譜ネットヤマハ7net

紀伊国屋書店TSUTAYAジュンク堂HMVe本

他にもあるらしいのですが、ざっと検索をかけたところ上記のサイトを発見しました。

ご購入のご検討、何卒よろしくお願いします!!!m(_ _)m

(※もしネットでご購入頂けましたら、レビューを書いて頂けると嬉しいです!)

ーーーーー♪ーーーーー

少し、教本製作にあたり製作秘話を紹介致します。

今年(2015年)1月(お正月)。

教本作成のお話をレコーディング関連でお世話になっている(株)エス・ツウの曽根さんより「有名なサーベル社と、これ迄に無かった全く新しいヴァイオリン教本を作ろうと考えているのですが、何か案はありますか?」というお話を頂きました。

お話を頂いた時、物凄く興奮しました!!こんなに面白いチャンスは滅多にない!

「是非そのお話、やらせてくださいませ!私にお任せくださいませ!」と喰いつくようにお願いをしました。

まず、最初に取り掛かったのは、「これ迄に無かった・・」の「これ迄」に出版されてきた教本の研究です。

某楽器店に行き、これ迄の教本を購入して研究を行いました。

勿論ピアノほどでは無いものの、沢山のヴァイオリン教本がありましたが、私の想像以上にそこまで種類はありませんでした。

勿論、想像する理由は簡単です。

ヴァイオリンの指導者が使用してきた教本を基本生徒に薦める訳です。

新しくヴァイオリン教本を出版しても指導者の方々に使って貰える筈はなく、教本製作者は断念される事が多いのだと思います。

そこで、主なターゲットを

「独学でもレッスンでも使用ができる、とにかく直ぐヴァイオリンをはじめて楽しみたい大人や部活動ではじめる方達!」に致しました。

もちろん!子供や基礎を見直したい方にもオススメです!

そして次に大変だった事は、楽譜作成ソフトであるフィナーレを使いこなすことでした。

このフィナーレ。私は、ScoreGraphという楽譜作成ソフトを長年使ってきたので、音符入力方法から全て違うので、慣れるのが大変でした。

また本当に悩んだのは、選曲でした。

これ迄の教本の大半は、最初「キラキラ星」や童謡の曲からはじまります。

私も童謡を入れる事を最初考えました。しかし、クラシックが好きではじめる大人はまず、童謡を入れても喜ばないだろうと確信していました。

他に、著作権の事も考えると童謡は尚更制限され大変でした。

 

そこで、童謡からは離れて、一から再度選曲を考え始めました。

大人の生徒が望む様な曲で、イキナリ最初から弾けそうな曲は何かを考えてみました。

悩んで悩み抜いたところ、「オーケストラ」や「室内楽」、そして「ソロの名曲集」から選曲して簡単に弾けるよう編曲した練習曲なら、かなりテンションが上がり、モチベーションを保ちながら練習する事が可能なのではないかな?!と思いました。

この時、生徒たちにも相談して、色々と意見を聞いたところ、そういう結論に達しました!

 

その他、特に教本の工夫した点・おすすめポイントは、ヴァイオリンを使った「読譜」の習得ドリルを収録した事です。11391160_10153409628239329_3938187725065779525_n

兼ねてから、読譜の為の教本を製作したいと思っていました。

僅か4小節の曲をゲーム感覚でどんどんこなして行けるドリルを作成しました。

実は、私がアメリカで教え始めた頃に、このドリルゲームを手書きで作成したところ、とても楽しく分かりやすく読譜の印象が変わり簡単になった!と評判が良かったのです。

それがキッカケで今回「読譜ドリル100問」を収録させて頂きました!

 

分かりやすく全てカラーである事。文面が、出来るだけ私の話し言葉である事。

QRコードで伴奏譜や伴奏音源データをダウンロードできるのも革新的だと思います。

 

そして、勿論「DVD」!!

DVDの製作は、既に前のブログで言及しましたが、なかなか苦労致しました!。

編集して頂いた本間さんには本当に沢山迷惑をかけました。

ですが、本間さんには、私のワガママを沢山聞いてくださり、理想のDVDが出来上がりました!!

全ての曲の私の見本演奏を収録しております!最後にはNG集も??あります。

更に、私が実際教えている様な「はじめてのレッスン」を導入編として収録しました。(若干緊張してますが??)

是非購入された方に、楽しんでいただければと思います!!!

 

他の教本情報ですが、教本の特設ページをご用意しておりますので、ページをご覧頂ければ幸いです!

最後に、今回出版刊行にご協力頂きました(株)サーベル社 鈴木廣史様、

ヴァイオリン教本の制作・出版の機会をくださった(株)エス・ツウ 総合プロデューサー 曽根信敏様、陽子様、

IMG_2591撮影を担当してくださいました垣内宏太様、

DVD撮影・表紙デザイン製作にご協力頂きました武鑓幹人様、
ピアノ伴奏、および生徒役を務めて頂きました加藤牧子様、そして多分、一番お手数をお掛けしまして、全ての編集を担当して下さいました、本間圭吾様、心より感謝を申し上げます!!!本当に、一流の素晴らしい方達と教本を製作できた事、幸せに思います!!

皆さん周りにヴァイオリンに少しでも興味がある方、まだはじめて間もない方。基礎を確認したい方、中々初心者脱出が難しい方がいらっしゃいましたら、是非教本の紹介、よろしくお願いします!

P.S.今年出版した、「愚痴留学日記」も合わせてよろしくお願いします!