SONY DSC

松崎氏撮影

第6回西谷国登ヴァイオリンリサイタルが無事、終演致しました!

御来場頂きました全ての皆様のお陰です。ありがとうございました!

今回も、沢山の皆様に御来場いただきました。本当にしあわせでした!

石オケ、クニトオケの皆様をはじめ、沢山の綺麗な素晴らしいお花を頂きました。ありがとうございましたm(__)m

まずはじめに、浜離宮朝日ホール石井様、ステマネを担当して頂きました佐藤様、総合受付リーダー鈴木様と、受付販売を担当してくださりましたレセプショニストの皆々様と中川様、ピアノの調律をして頂きました神邊様、譜面めくりを担当して頂きました加納様、フライヤーとプラグラム制作頂き、カメラマンを務めて頂きました松崎様、本当に本当にご協力有難うございました!IMG_4016

御来場頂きました生徒さん達も、有難うございました!嬉しい(そして面白い?)アンケートも沢山頂き読ませて頂いております!有難うございます。

そして勿論!

今回大変お世話になったのは、アンケートでも物凄い評判!の凄腕ピアニスト新納洋介氏です!

お忙しい中、2ヶ月間本当にお世話になりました。

新納さんをご紹介頂きました、神邊様、西川様に本当に感謝しております!有難うございました!m(__)m

12783799_883370905094391_7923248204076876514_o

御来場頂けました方はフライヤーで確認されたかもしれませんが。

新納さんは、来月6月16日木曜日午後7時より、上野の東京文化会館にてリサイタルを行います。

名曲を、沢山演奏されます!強烈な左手バス音、新納氏の情熱的な演奏には圧倒されます!

また、CDも発売される予定です!

是非、チケットご購入希望される方は、私の方に直接お知らせくださいませ!

今回、男性ピアニストと共演させて頂きましたのは、実は10年以上振りでした。

SONY DSC

男性同士で演奏する最大の魅力は、見た目が格好良いとかではなく、良い意味で「本番で自由なスタイルに直感的に変えて行くこと!」だと思います。勿論、練習の時と違うことをするので、ある程度勇気は必要ですが、これがかなり面白く、上手く行くと想像以上の演奏の出来になる事が多いのです。特にテンポの自由さです!

例えば、いつもより大きく「間」を一方がとりはじめると、「むむ!そう来たか!では、私はこういう間を取りまっせ!」と間の掛け合いが出て来て、お互いにリアルタイムで「新鮮で自由度の高い演奏」になり、聴いている側も、まるで音楽の話し合いを見ているような気分になり、より楽しくなります。

そのような経験が今回(特にフランクソナタで)出来たかなと思います(^^ゞ 新納さんも仰ってくれましたが、お互い楽しい演奏会となりました。

SONY DSC

次回の新納さんとの演奏会は(ホールが取れればですが)、2018年の5月頃にまたこの浜離宮朝日ホールで新納さんと共演を予定しています。是非また、お越しください!

(その前に、新納さんと来年の夏に小品集CDアルバムop.4を制作する予定です!)

終わったばかりですが、今から既にとても楽しみです!

そして!

前回同様人気の、お箏とヴァイオリンのコラボ!

アンケートでも、沢山コラボについてのコメントを頂けました!

IMG_4054岡部梢さんのお箏が、浜離宮ホールに響き感動された方も沢山いたのではないでしょうか。

やはり、昨日お越し頂きましたお客様達は流石お目が高いです!アンコールで演奏した「春の海」が1番評判が良かったみたいです。

春の海は、留学時代から何百回と演奏し、梢さんとも共演の数が1番多い曲でして、18番の曲です。なので一番評判が良く良かったです(^^ゞ

終演後には、沢山の方にCDや本を購入していただき、サイン会を行いました!

SONY DSC生徒さん達とも、挨拶や写真撮影を致しました!皆さんありがとうございます!

是非CDと本を、楽しんで頂ければと思います!!

私のことも少し。。

毎回演奏会前の、緊張の気がかりは、演奏内容だけではありません!

1番のストレスは、自分の体調です。

万が一、手の怪我をしてしまったり、病気になったらどうしよう。という不安が演奏会前は付き物で、それらとひたすら戦います。

発表会前の生徒さん達も多いのですが、演奏会前はストレスをとても抱えるので、本番前は体の調子が狂う事が本当に多いのです。いつも以上に気を付けるようになります。

1番安心した時は、体の不調が特に無いと感じた当日の朝でした。思わずガッツポーズしました!(笑)

緊張に慣れなどございませんね(^_^;)

しかし、前回と比べると、私の感覚では、全てが2倍速で終わった感じが致します。SONY DSC

慣れたからというのもあるかもしれませんが、何故でしょうかね。

楽しいことは、本当にすぐに終わってしまいます。少し寂しいです。

前回は、「疲れた〜もう暫くリサイタルは、時間をおきたいな〜」なんて終演直後思っていたのですが、今回は「早く、またリサイタルを行いたい!」という感じです。今後も演奏活動をガンガン増やしていきたいですね!

さて、リサイタルが終わったことで、色々と今まで手がつけられなかった色々な事に、着手致します!

まず、エス・ツウでの教本制作の続き(第2弾〜第5弾)。2つのマスタークラス(公開レッスン)準備。教室のワークショップ(7月3日)。教室新入生の受け入れ準備。生徒のコンクール準備、コミカレ準備、10月の少し大きいイベント準備、発表会準備、・・そして、勿論!来月と再来月にある、石神井Int’lオーケストラとクニトInt’lオーケストラの準備です!

次回の演奏会は、今月29日に行われます演奏会。クニトInt’lオーケストラ第3回定期演奏会です。

SONY DSC今年は、昨年の約2倍の団員達が参加し、ソルフェージュのクラスを開設する等、通称・クニトオケは発展・成長を続けております!

また、創立1年目から面倒をみてもらって助けていただいている、安藤梨乃先生をソリストにお迎えして、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲第4番を演奏致します。

そして、ジャマイカ大使のR.アリコック氏を、ご招待致しまして簡単なスピーチが行われる予定でより国際的な演奏会となります。軽いプレコンサートも行われます!

是非御来場くださいませ!(以下演奏会情報!)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次回のコンサート情報です!

kuniorch_3rd_concert-01kuniorch_3rd_concert-022016年5月29日【Conduct】 クニトInt’lユースオーケストラーー第3回定期演奏会ーー

・出演 西谷国登(音楽監督) ソリスト:安藤梨乃
・日時 2016年5月29日13時開場 入場無料
・場所 清瀬けやきホール 大ホール
・曲目 モーツァルト ヴァイオリン協奏曲第4番  グリーグ:ホルベルグ組曲 ハイドン:弦楽四重奏 騎士

詳細は、クニトInt’lユースオーケストラ公式ウェブサイト