審査員席から@さいたま芸術劇場

今日は、私自身初となる日本クラシック音楽コンクール(※通称・クラコン)審査を、東京以外の都市で行ってきました!!

会場は、与野本町にある、彩の国さいたま芸術劇場です。

6年前に一度、お芝居関係から来たお仕事で演奏したことがある場所で、懐かしかったです(^^ゞ

埼玉芸術劇場の音楽ホールは、はじめて行きました。

響きが物凄くある、とても美しい綺麗なホールでした。

都心に近ければ、是非リサイタルを行いたいホールだなと思いました(^^ゞ

今年、私の教室からクラコン参加者は、最多で昨年の約倍以上の17人(中3人本選から出場予定)の生徒が出場します。

2011年10月にお芝居関係でロビーコンサートを行った場所@さいたま芸術劇場

今回、私の生徒からは、小学生から大学生までの全部門で得点「第1位!」、小学生の中で「第3位」の得点を獲得しました。また、全員が予選通過しました。安心しました。

皆さん、私の誇りで自慢です(^^ゞ

おめでとうございます!

また今日のコンクールは、審査員の先生が全員男性とかなりレアなヴァイオリンのコンクールだったのでは無いかなと思います。

本日の審査員

ご一緒させて頂きました安富先生は、私の大師匠の千香士先生や、千香士先生の奥様である、田中あや先生から沢山安富先生のお話を聞いていて、帰国後7年目にしてはじめてお会い出来、沢山お話が出来て嬉しかったです。

また、鈴木先生は、ヤマハで見かけたと、私の教本の存在を光栄にも知っていて下さり恐縮でしたm(__)m

今日はとても良い雰囲気のコンクールで、本当に良かったと思いました。

それでは、生徒の皆さん引き続き、次の発表会に向けて頑張りましょう!(^^ゞ