あけましておめでとうございます 年始の挨拶巡り

あけましておめでとうございます!
年末年始のお休みですが、色々と打ち合わせ会議を含め、御礼参りをしておりました。時間を逆に遡っていきますが、、
1月4日。まず新幹線で朝から三島へ。今回私が出版した本のあとがきを書いて頂きました、古賀純一さんこと、純一先生に御礼も含めてご挨拶に伺って来ました。純一先生は、私と同じ時期にポートランドに留学されていました。そして、英語を教える先生を教える専門の資格(TESOL)を取得されて帰国されました。帰国後は、三島で高校の先生をされた後、明快塾という塾を開いています。沢山生徒もいらして、地元でもやり手の先生です!教師業をされている先輩から色々なお話を伺えたので、私にとっても良い勉強になりました。
私事ですが、(本を出版する前から考えていたことなのですが)ずっと英語の本を出版したいなと考えていました。そこで、今回作った本を英訳したいなと思っていることを純一先生にお伝えしながら、どさくさにまぎれて!純一先生とアメリカ留学されていた純一先生のご家族の方に英訳をお願いしてみました!私が翻訳すると何年掛かるか分からないですし、私は言語専門では無いです。なので、言語専門であられる純一先生にお願いしたのです!また、日本人から視点の本なので、翻訳は日本人の方に頼みたいと思っておりました。もちろん、最終校正はネイティブにお願いしますが。この相談が純一先生に出来たのはとても嬉しかったです!
そして夜は、踊り子号で、三島から横浜へ。高校時代の友人達と新年会をチーズフォンデュのお店で食べて、冗談を言い合って終電近くまで楽しんで帰りました。
1月3日。エスツー(レコーディング会社)の曽根さんご夫妻と打ち合わせ。場所は、たまプラーザ駅周辺です。写真が無いのがとても悔しいのですが、とてもとても沢山のお仕事の相談が出来ました!想像以上に内容の濃い有意義な会談でした!レコーディング後もこんなにお世話になってしまって本当にありがたいです!いくつか大きいお仕事を頂き、ご相談させて頂いたのですが、ただ!結構まだ詳細はここではお話出来ない事が多いのです。詳細は、少しずつこのブログでお話して行きます!今年と来年は、曽根さんご夫妻にご迷惑を沢山お掛けしそうです!!
1月2日。千香士先生のご自宅に、石オケでもお世話になっている、伊東先生と新年のご挨拶に伺いました。千香士先生の奥様で、ヴィオラ奏者の田中あや先生にお会いして、千香士先生のお話をしたり、音楽界のお話をしたり、とても楽しい時間を過ごさせて頂きました。伊東先生が飲み過ぎて大変でした。笑

その後、池袋コミュニティカレッジでお世話になっている、上司の田邉さんとのご夕食。これが、また楽しかったです。色々と田邉さんの事や、私のコミカレでの事業?合宿?の事等、話し合う機会が持てました。これまた、まだ公には出来ませんが、田邉さんは楽しい事を考えられていて、今年中にも私の本にとって良いことが起こるんでは無いかと思いました!定期的にまた打ち合わせを行いましょう。という事になりました(^^ゞまた夏のワークショップについても相談にのって頂けて良かったです。部屋があるかどうかが問題なのですが・・。
1月1日。祖父母が住んでいる三河島で家族一同わいわいがやがや過ごしました。来年も祖父母が元気でまたいてくれると有難いです!
年末は、カウントダウンもしなかったので、、何か、、年を越した感じがしなかったです。凄く気分がモヤモヤしていたのですが、沢山打ち合わせが出来て良いスタートが切れました!やっと、楽しそうな1年が始まった!と、、、いや!楽しそうな2〜3年がはじまった様な気がします。また、嫌でも自分で自分にムチを打ってヴァイオリンを練習させる1年がはじまったような気がします。
とそんな感じで年始を過ごしました。皆さんはいかがでしたでしょうか?
このウェブサイトがリニューアル完了しましたら、ブログの頻度を上げて行きたいと思います!
それでは、今年もよろしくお願いします!m(__)m

クララ・シューマンと仲間たち

練馬区文化振興協会主宰「クララ・シューマンと仲間たち」

日時:2019年10月19日(土)
会場:練馬文化センター小ホール
出演:西谷国登 毛利巨塵 坂田麻里
曲目:クララ・シューマン ファニーメンデルスゾーン ピアノ三重奏 他

女流音楽家たちの曲を中心にお届けします!
シューマンやブラームス、ショパンなど素晴らしい作曲家を輩出した19世紀のロマン派絶頂期。
この時代を生きた二人の女流作曲家クララ・シューマンとファニー・メンデルスゾーンは類まれなる才能がありながら、当時の社会で「女性」は作曲家としては認められることはありませんでした。
クララ・シューマンの生誕200年の時を経てよみがえる、女流作曲家とその仲間たちの作品をお聴きください。

コメントを残す