シャコンヌ練習

来週八王子での本番の為、バッハ(作曲)シャコンヌを本気で練習中。チェロの毛利先生に頂いたお仕事で、久しぶりに遠征します。(八王子は遠征じゃ無いか!?(^^)

アメリカにいた時は、何十回と演奏機会を貰っていたバッハシャコンヌ、日本では帰国した8年間でたったの2回目。今回約 4年振り。少しご無沙汰です。

そして、「バッハシャコンヌは、いつでも弾けるようにしておけ!」と故田中千香士師匠に言われていたので弾くことは出来るのですが、しっかり練習し始めたら、色々とこだわり始めて、色々と思い付き、やり直しが多くなり、練習しなくてはならない事が多くなってしまいました。むうう、間に合わせなくては(^^)

折角練習してるので8月の横浜で行うコンサートセミナーでも弾こうかな。

しかし、iPad、2画面はやはり使いやすく素晴らしいです(^^)

クララ・シューマンと仲間たち

練馬区文化振興協会主宰「クララ・シューマンと仲間たち」

日時:2019年10月19日(土)
会場:練馬文化センター小ホール
出演:西谷国登 毛利巨塵 坂田麻里
曲目:クララ・シューマン ファニーメンデルスゾーン ピアノ三重奏 他

女流音楽家たちの曲を中心にお届けします!
シューマンやブラームス、ショパンなど素晴らしい作曲家を輩出した19世紀のロマン派絶頂期。
この時代を生きた二人の女流作曲家クララ・シューマンとファニー・メンデルスゾーンは類まれなる才能がありながら、当時の社会で「女性」は作曲家としては認められることはありませんでした。
クララ・シューマンの生誕200年の時を経てよみがえる、女流作曲家とその仲間たちの作品をお聴きください。

コメントを残す