ファントム宝塚公演を観てみたい

現在、東京宝塚劇場にて雪組公演ファントムが上演されております。

両親二人が、昨年11月兵庫県の宝塚大劇場で観劇して、引き続き二度目を先日東京で観劇してきたようです。その際、私の弟もミュージカルファンらしく???両親達と三人で観てきたそうです。

私は仕事もあり残念ながら観ることは出来ませんでしたが、素晴らしかったとの事。

特にファントムを演じたトップスターの望海風斗さんと相手役の娘役さんの歌声は美しかったそうです。

劇中にファントム演じる望海風斗さんがオーケストラピットから突然現れて指揮をされるそうで、それもなかなか上手な指揮をされているそうですよ。

2/10の千秋楽の日まで、宝塚が好きな母は後何回通うのでしょうか。。。

母は宝塚、父はクラシック。60代を楽しみまくってます。両親達が元気なのは、安心しますね(^^)

クララ・シューマンと仲間たち

練馬区文化振興協会主宰「クララ・シューマンと仲間たち」

日時:2019年10月19日(土)
会場:練馬文化センター小ホール
出演:西谷国登 毛利巨塵 坂田麻里
曲目:クララ・シューマン ファニーメンデルスゾーン ピアノ三重奏 他

女流音楽家たちの曲を中心にお届けします!
シューマンやブラームス、ショパンなど素晴らしい作曲家を輩出した19世紀のロマン派絶頂期。
この時代を生きた二人の女流作曲家クララ・シューマンとファニー・メンデルスゾーンは類まれなる才能がありながら、当時の社会で「女性」は作曲家としては認められることはありませんでした。
クララ・シューマンの生誕200年の時を経てよみがえる、女流作曲家とその仲間たちの作品をお聴きください。

コメントを残す