第10回西谷国登ヴァイオリン・リサイタルSpecial ver.@浜離宮朝日ホール開催決定!【2022年7月3日】

昨年のコロナウイルス感染症による緊急事態宣言下で、やむなく中止になりました浜離宮朝日ホールでのヴァイオリン・リサイタル。それから2年、4年ぶりに遂に復活&開催します!

チケット購入は、こちら!(eプラスチケット)

ご協力、応援してくださっている皆様、ご来場予定の皆様、サポートくださっている皆々様に、リサイタルが開催できること、感謝申し上げます!

フィンランド在住のデザイナー松崎氏によるフライヤーが完成しました!

今回のフライヤーも、第1回リサイタルのフライヤーからお世話になっている、フィンランドの一流大学で講師を務め大活躍中のフィンランド在住デザイナー松崎亮二氏の制作です!さすがのフライヤーで、素晴らしいです!(^^)感謝申し上げます!

松崎氏については、このページ一番下のYou Tubeを御覧ください。フィンランドに行く前、ボストン大学を卒業して日本に滞在していたとき、約10年前に制作した動画です。

悩みや迷い開催決断しました!

リサイタルを復活開催したい気持ちは強くあるものの、今回またコロナで中止に追い込まれたらどうしよう。プログラムはどうしよう。など様々な悩みが不安もありました。

なかなかリサイタル再開催の勇気が持てず、コロナ禍の時間がただただ過ぎ去ろうしていた矢先でした。突然、開催予定日から丁度1年前の7月3日に、私の日本の師匠である故田中千香士先生(元芸大名誉教授)の奥様、田中あや先生から励ましのご連絡をいただき背中を押してもらいました。直ぐに浜離宮朝日ホールに連絡したところ、その7月3日だけホールがたまたま空いていまして、今回の開催を即決することが出来ました!

千香士先生から「ニシタニは一体、何やっているのだ!サボるな!早く起きろ!」とガツンと怒られた気がしました。苦笑 先生が亡くなって10年以上経ちましたが、尚、未だに先生にサポート戴いておりますね。まだまだ未熟です(^^;)

世界初演の弦楽合奏版を2曲も演奏します!

プログラムも、前回のリサイタルと同じで開催しようかと考えましたが、(1回目の緊急事態宣言の)自粛中、サン・サーンスとブルッフのヴァイオリン協奏曲の弦楽合奏版を演奏することに決めました。今回ご来場くださる方は、私が編曲した弦楽合奏版なので、世界初演の演奏が聴けます!

正直、体力的に1つのヴァイオリン協奏曲を演奏するだけでも大変なことではあります。ですが、今回は、2つの協奏曲を演奏してしまおうと決めました!

実は、私がはじめて田中千香士門下の生徒になって先生が開催された演奏会である「コンチェルトリサイタル」の再現でもあります。スタミナ勝負なので、やや心配ですが、やると決めたからには、今からしっかり身体も準備して無理してでも!?頑張ろうと思います!(^^)

バックは、石オケ講師陣を含める、プロとして活躍中の皆様です。とても楽しみにしております!

更に、ピアニスト・新納洋介氏との共演も!

そして、更に、活躍中のピアニストで多忙であられる新納洋介氏とフランクのヴァイオリン・ソナタを再共演させていただきます!フランクのソナタは、Op.3のCDアルバムにもあります。勿論、再演と言っても、1から音楽を設計して作り直して演奏したいと思います。また「ひと味違うフランク」を楽しみにしておいてもらえればと思います!

盛りだくさんのリサイタル是非是非ご来場ください!よろしくおねがいします!

チケット購入はこちら!

チケット購入は、こちら!(eプラスチケット)

おなじみのイープラスチケット、そしてFamilyMart、ファミポートで購入が可能です!それでは、皆様のご来場楽しみにお待ち申し上げます!

コリッチでも取り上げられております!

コリッチでも公演が取り上げられております↓

https://stage.corich.jp/stage_main/93907

https://nkunito.stage.corich.jp (リサイタルウェブサイト)

※フライヤー制作デザイナーの松崎亮二氏との共演動画(2012年制作)

コメント

タイトルとURLをコピーしました