KIVS第5回国際発表会終了

まずはじめに!
今回もスタッフの皆々様、ピアノの先生方、保護者の皆様、ご協力本当に有難う御座いました!無事発表会が成功に終える事が出来、最大級の感謝しております!またのご協力、よろしくお願いします!
さて出演者の皆さん!(毎回言う事ですが!)今日から3日間は、自分を(もしくはお子様を)褒めてくださいね!大人の部の方は1週間でも構いません!このタイミングで、褒めないでいつ褒めるのか?今でしょ!です。是非、この喜びを覚えておいてください。そして来年の発表会で、同じ気持ちを味合うためにも、またより成長して貰いますよ!
総括です。
前回の発表会と比べ、学生の部、大人の部共に約30%増の参加でした!沢山の生徒さん達に恵まれ私は幸せです。楽しかったですね!段取りは、もちろん!スタッフさん達のお陰ですが、5回目にして段々スムーズに行くようになってきたかなぁと思います。
新人組の生徒さん達へ最初から大きい舞台で、緊張された事かと思います。ですが、初参加にも関わらず、大きなアクシデントも無く、見事に演奏してくれました!今回は特に、新人組の皆さんは安定していて、安心して演奏を聴く事が出来ました。(もちろん舞台裏で、祈っておりましたが)是非、次回の演奏機会(発表会?ワークショップ?)に向けてまたがんばりましょう!
そして、2回目出演組の生徒さん達へ

前回の汐留ホールでは、目の前に人がいる中での演奏でした。緊張しましたね。しかし今回は、段差もあり観客との距離もあり、更に控え室もしっかりあったので、前回よりはやや、やり易かったのではないでしょうか?(関係ないですか?)2回目出演組の皆さんは、楽しんで演奏出来ている事が確認出来て、とても嬉しかったです。とても、皆さん良い演奏でした!1回目のリベンジ!と思われてた方も、リベンジ出来たのではないかと思います。もちろん反省点はあるかもしれませんが、それらは次回のお楽しみ!今は、充実感に浸ってください!是非1回目の録音がある方は聴き直してみてください。凄い成長をされたと思います。少し休まれたら、この調子でまたワンランク上を目指して、がんばりましょう!
出演3回目以上のベテラン組みの生徒さん達へ今までで、一番大きいホールでしたね。ホールに驚かれたベテラン組の生徒もいたと思います。しかし、さすがはベテラン!皆ばしっと決めてくれました!ただ、出演回数が多いと、反省や理想もかなり大きくなっていると思います。良かったところ、悪かったところを、(発表会4日後)反省して、次回の目標を作ってもらいたいと思います。明確な目標を持つことにより、練習意欲も向上して、更に良い演奏が出来るようになると思います。もし、何か演奏後の腑に落ちない、モヤモヤする疑問、質問がある場合は、必ず先生(私)に相談してください。モヤモヤは発表会後すぐに解決する必要がありますので、次回のレッスンでまとめて、お知らせくださいね!
しかし、今回寂しかったのは、ベテランの皆さん達がよく知る、最多出場のイギリス人家族のMさんの最後の出演でした。来年にイギリスに戻るという事で、第1回国際発表会からの連続最多出場は、私の教室では貴重にも2人だけになります。次回の発表回では2人には何か、お祝いをしようかなと考えております(^^)
かつしかシンフォニーヒルズのアイリスホール。物凄く音響が良かったですね!いつもと違う自分の音で楽しめたかと思います。本当は来年も、アイリスホールで発表会を行いたかったのですが、ことごとく4ヶ月連続申し込みの抽選に落選。今回出演出来た生徒さん達は、本当にラッキーだったと思います!

ですが、次回のホールは、立地条件(しかも駅前)と日程が最高です。次回は、2014年11月23日(日)石神井公園から一駅、大泉学園駅の「ゆめりあホール」で行います。そして、祝日(振り替え休日)前の日曜なので、次の日を気にせずに発表会に挑めます。お楽しみに!!
☆これからのお知らせ☆・東久留米クリスマスコンサート 詳細・予約はこちら・ワークショップ 詳細はこちら 予約申し込みは、直接私、西谷まで。
P.S.1 昨日一日中、舞台裏で歩いていたので筋肉痛です。私もがんばった!?(笑) 

第10回西谷国登ヴァイオリンリサイタル

第10回西谷国登ヴァイオリンリサイタル 浜離宮朝日ホールシリーズ第4弾!!
日時:2020年5月10日(日)13時半開場14時開演
会場:浜離宮朝日ホール

出演:西谷国登 新納洋介 岡部梢 Kuito Shakuji String Orchestra(伊東佑樹(vn)・安藤梨乃(vn)・手塚貴子(vla) ・毛利巨塵(Vc)・酒井雅の(vla)・入江晴美(Vc)・松尾美弦(Vc)・李 玲花(vn)・佐藤有(cb) 他 順不同)

曲目:メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調(弦楽合奏版) 
メンデルスゾーン:ヴァイオリンソナタ第3番ヘ長調 他

コメントを残す