たまには練習の話

今度の5月5日の浜離宮でのリサイタルの為に、ブラームスを徹底的に研究して練習しています。

フランスものと違い、ドイツ系のブラームスは、イッヒ!リーベ!みたいな感じで、フレーズ感がしっかりしています。

今回プログラムの1つである、ブラームスの1番ソナタ「雨の歌」。最初私がこの曲を選曲した動機は、有名な1楽章があるからでした。

しかし、特に3楽章については、実を言うと最初全く理解が出来なく好きになれませんでした。同じ(しかも魅力的でない)メロディが、ロンド形式の為に何回も出てきます。そして、1番最後の3楽章コーダの盛り上がりに欠けるのです。

しかし、プロである限り、どんな曲でも好きにならなくてはなりません。

3楽章が、どうしても音楽に入り込めなく困った私は、色々文献を読んで勉強してみました。すると、道が直ぐ開けます。

要は、ブラームスが惚れていたクララさんが、よくこのメロディを口ずさんでいた事から、頭から離れられなくなりフラッシュバックし過ぎて、ブラームス自体がこのメロディを惚れ込んでしまった。

それで、ロンド形式という何度もメロディを出せる形式を利用して、何度も何度も奏者に弾かせ、それを少し変奏曲的に発展させていった。という事を理解しました。つまり、この曲を弾きたければ、クララが大好きなブラームスの気持ちになれ!ということです。恋の歌なのです。

なるほど!と、理解してからは、喜怒哀楽を美しく表現する1楽章より、豪華な2楽章や恋する3楽章の方が、面白く演奏できて好きになりました(^^ゞ

曲の意図を理解しないで演奏しているかどうかは、一発で見抜けます。

曲がどういう過程でどんな性格の作曲家が作曲されたのか。それを知る事も、大事な練習であると思います(^^)

皆様のリサイタルご来場楽しみにお待ちしております!

ヴァイオリン教室@池袋コミュニティ・カレッジ

【池袋コミュニティ・カレッジ】

〜ヴァイオリン・ヴィオラレッスン〜
・Violin Viola Lesson・

人気ヴァイオリン教本の著者・西谷国登の個人レッスン。「楽しく!上達」をモットーに、可能性を引き出し、練習意欲を掻き立てる独自のメソッドで、初心者から受験生まで各々のレベルに合わせて優しく楽しく指導いたします。まずはお気軽に体験レッスンにお越しください。初中級者20分、上級者30分レッスン。※ヴィオラのレッスンも承ります。

コメントを残す