夏の試演会2022@Kunito Int’l String School

2022年7月17日、クニトInt’lストリングスクール教室にて夏の試演会を開催致しました!

今回は、学生の部だけではなく一般の部、つまり社会人の生徒さんたちも参加しました。

先ずはじめに、ピアニストの大澤芳子先生、石渡真知子先生、有本紘子先生、守重結加先生、中居映子先生、そしてサポートいただきました保護者の皆様、ご来場くださりました方々に感謝申し上げます!

試演会は、コンクール対策や発表会前に1度本番を経験したいという主旨ではじめたミニ発表会です。

先日、コロナ禍で、久し振りのリサイタルという本番経験をしましたが、先生であるわたしも沢山の反省があり本番を経験する大切さを改めて学びました。一回でも多く人前で演奏することは、上達の近道ですねぇ(^^)

まず学生の部!

これから複数のコンクールを受けられる生徒も沢山いますし、生徒によっては3月の冬のコンクールまで練習して一曲を磨き上げる生徒さんもいます。この試演会はこの教室の皆さんにとって、今季1年のスタートの場となります!決してゴールではありません!(^^)

今回も試演会後、参加した全員が演奏の反省があることでしょう!
反省がないと試演会は開催した意味がありません。発表会は楽しい場ですが、試演会は「試」しの場です。

反省点を持てれば持てるほど試演会に参加した意味が出てきます。撮影もしくは録音した演奏を確認して音程やクリアーでない16部音符を「早急」に直してもらえれば幸いです!直す方法がわからない場合は、もちろんレッスンで質問下さいね!(^^)

ここから、発表会に向けてドンドン上達されることを本当に楽しみにしております!

写真をみると、姿勢が良い子が多いのが嬉しく自慢ですね!(^^)

一般の部の皆さん!

はじめて開催した一般の部!(大人の部)

昨年開催した発表会から今年の発表会(12月11日)の間隔が1年以上空いてしまうことから、一般の部の開催を決断しました。

大人の生徒さんたちには、観客が超近距離にいる演奏はなかなか辛いというか、緊張する経験だったのではないでしょうか。きっと、試演会よりホールで演奏するほうが何倍も楽ですから、12月の発表会ではきっと快適に弾けること間違いないでしょう。

今回、一般の部は予定より早く終了したことから、なんと3名の生徒がTake2(2回目)に挑戦しました。2回目の方が、アンコール感?があってこれ力が抜けた演奏が出来たような感触がありましたね(^^)やはり初回の演奏は恐怖ですね!

是非、今回の機会をバネにまたガンガン上達してもらえればと思います!