西武コミカレ音楽祭セミナー第1回最終日終了!

西武コミカレ音楽祭セミナー第1回を、無事楽しく終えることが出来ました!ありがとうございました!
終了後のアンケートを読ませて頂き、参加者の皆さんも全員喜んで貰えた事、とても嬉しく思います。本当に素晴らしい方々と一緒に演奏出来て、私も楽しかったです。
素晴らしいコンサートマスターをはじめ、少数ながらもきっちり役割を理解して役割を果たし、リズムセクションを立派にリードしたチェロ陣。そして、少数なのに音楽が大好きなのがビンビン伝わり、責任と誇りをもって弾き終えたヴィオラ陣。また、モーツァルトの難しいパッセージを沢山抱えながら、本番では堂々と弾き終えた第2ヴァイオリン。最後に、美しく!と言えば、主要メロディを難無く美しく弾いてしまう第1ヴァイオリン。全パート素晴らしかったです!また2日間の間、協力してくれた伊東先生、そしてコントラバスの佐藤さん。昨日の分奏を担当して下さった小川先生。有り難うございました。
自分の指揮については、私自身テンポコントロールの振り方が上手くいっていない等、色々と反省点がありました。指揮者は、皆さんに助けられてナンボなんだなぁ、と熟々思いました。集中力を全く切らさないで、私の指示を聞いてくださった、優しい皆々様に囲まれて幸せでした。お付き合い下さり、有り難うございました。

次回は、全体合奏だけはでなく、いくつかのグループ(例えば、子供のグループや初心者に近い方達のグループ等)に分かれて簡単な曲を演奏したり、その間、他のグループの方達も指導が見学出来る様になったら面白いかな。と思います。次は、ホルベルグ組曲とか、何かの弦楽四重奏とかかな。
反省点は、指摘が多かった譜面。本当にご迷惑致しました。次回は、じっくり時間を掛けて準備しますので、しっかりした譜面を使い、丁寧な字で指示を書かせて頂きます!この点、本当に申し訳ございませんでした!
次回の時期ですが、来年の同じお盆時期を予定しております。それまでの間、外部で、ミニ音楽祭(冬休みの軽い集中合宿)みたいなモノを小さく年末辺りに何かやってみたいな。とも思っています。もちろん、今回関係して頂いた先生方を巻き込んで(笑)

左は、今回参加してくれた、小学生4人の弟子達。周りの大人達に負けずにとても頑張っていました!先生の私も良い意味で想定外でした!
一緒に音楽を楽しむ事と、音楽とは何ぞや。という事を勉強して貰えたかな。と思います。また、今回自分は結構弾けるんだな!という自信に繋がり、次回はもっと弾けるようになりたい!と思ってくれていれば良いなと思います。お母様方、ご家族の方々、色々とお世話有り難うございました。
私の教室はグループレッスンが無いので、とても良い交流の機会でもあったかな。と思います。何かしら合わせる機会をこれからもチョコチョコ作って行きたいと思います。発表会で何か出来るかな~。
また、今回初心者に近い方や、モーツァルトを弾くのにはまだちょっと早かったかも!という方達。不安や緊張に打ち勝って、本当に頑張りました!1音でも合わせて弾いていれば、それはもう参加出来ていることと同じ訳ですし、自分よりも明らかにハイレヴェルな集団の中で演奏出来る事で、必ず何かしら新たな目標が出来たのではないか。と思います!是非、次回は更に弾ける率を1%でも上げて、また参加して頂ければと思います!!お待ちしてます!
そして、前任の故雨森先生のお弟子さん達。ヴァイオリンの技術だけではなく、協力・団結姿勢は特に素晴らしかったです。

雨森先生は、多くの生徒から尊敬され、行動力溢れる素晴らしい先生であられたのだなと思いました。私も雨森先生の様な、先生を目標としたいです。今回の音楽祭の開催が出来た事、何十年もコミカレで指導されてきた雨森先生のお陰です。本当に感謝しています。また、西武コミカレを紹介して頂きました、田中あや先生にも感謝します。
今年の夏は、沢山イベントとレッスンで、時間が早く感じます。私は夏が大好きなので、音楽祭セミナーがまた毎年開催出来れば、毎年更に夏が早くなりそうです!
昨日ブログで紹介させて頂きました、田邉さん、原さん、またお世話になるかと思いますが、その時はよろしくお願いします!お疲れ様でした。
それと、コミカレ内の新規講座、室内楽の講座、よろしくお願いします!グループの参加は大歓迎です。一人ずつの申し込みの場合、楽器名と希望の編成(トリオやカルテット)等をお伝えください。
それでは、明日から熱中症に気をつけて、お過ごし下さいね!今日はゆっくりお休みください。私は、明日午前中からまたヴァイオリンの先生に戻ります! 

ヴァイオリン自由自在

音楽書籍ヴァイオリン自由自在が発売されました!

「ひたすら練習」から解放される日。もう小難しい理屈はいらない!テクニックの上達も練習の工夫もできるだけ簡略化して実践してみよう。テクニック修得とメンタリティを総合した学習のヒントです!

コメントを残す