チューナーアプリの使用で音程改善!

チューナーって使用していますか?調弦時にしか使ってませんか?

調弦をしっかり出来るかどうかでコンクールで結果がわかるくらい、調弦は大事です!

調弦を気にして行っているかで、音程をしっかり気にしているかどうかの基準にもなります。また、調弦の音がキレイな生徒は、普段から音もキレイです。

最近レッスンでは、スケールを練習する時に、調弦のように1音でも合わせると変わるんですよ。ということをオススメしております。

どういうことか。

最初に弾く基準音や、その調の主音の音程をしっかり気にして合わせることは大事だと思います。でも理想は全ての音の確認をすることなのですが、それはきっと大変。

また、子供向きのチューナーとして上記の画像みたいに、カタカナでドレミファソラシドが記されているアプリをオススメします。一つの参考ですが、そのアプリはこちら。有料版だとカタカナ表記設定ができます。

また、私は、録音練習時にもアプリを使用していますが、これはMacbookProのような高品質の低レベルの録音機材が望ましいかというとそうでもないです。逆に良いマイクを使い、編集なんかしてしまうと、よく聴こえて満足してしまい反省になりません。なので、録音練習時は、レヴェルはそこそこのものにしましょう。

折角スマホやiPhoneiPadを持っている方は、音楽系アプリを活用して是非上手くなっちゃいましょう!

ヴァイオリン自由自在

音楽書籍ヴァイオリン自由自在が発売されました!

「ひたすら練習」から解放される日。もう小難しい理屈はいらない!テクニックの上達も練習の工夫もできるだけ簡略化して実践してみよう。テクニック修得とメンタリティを総合した学習のヒントです!

コメントを残す