tacaco sings vol.2

昨日、石神井Int’lオーケストラのヴィオラ講師兼副指揮者としてお世話になっております手塚貴子先生のライブがありました。場所は西麻布の一等地!とても、雰囲気たっぷりの素晴らしいライブでした!

1stステージは、東京フィルハーモニー交響楽団の奏者として凄腕を誇るヴィオラでバッハの無伴奏をはじめとする数々の名曲を演奏され観客の心をつかみ、2ndステージでは、池袋コミカレで演奏会を行われた様に、ボーカルとして歌を披露されました。私の好きなワン・ノート・サンバをはじめとするボサノバを歌ってくださりました。本当に手塚先生は多才です。世の中本当になんでも器用にこなされる人はいるんだなぁ。と改めて尊敬いたしました!また、大人の雰囲気たっぷりの落ち着いた感じがまた会場ともあっていました。素晴らしかったです!

また、ジャズピアニスト芳賀さんも身体から音楽が溢れ出る弾き方をされていまして、キース・ジャレットのような感じでした本当に、音楽が好きで好きで演奏されている奏者なんだなぁと思いました。素晴らしかったです。

来年は、手塚先生と3回も共演させていただきます。クニトInt’lユースオーケストラでの共演浜離宮のリサイタルでの共演、そして石神井Int’lオーケストラでの共演です!楽しみです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました