普通自動車免許初更新!

アメリカで自動車免許を取得して、その後日本の免許を取り直したのが3年前。遂に初更新のお知らせが来ました。更新は、私の場合2月5日が誕生日なので、1月5日から3月5日迄にする事になっています。そこで今日、少し早起きして(初更新なので)府中自動車試験場まで行ってきました!
本当は一昨日の午前中に更新しに行くはずだったのですが、早く起きれずに今日になってしまいました。
事前にネットで駐車場の確認をしたら、どうも混むという情報が多く、近くのコインパーキングを利用せよ。という助言が多かったです。しかし、駐車場が平日という事もあって、空いていました!更新場で車を止めることが出来て良かったです。
試験場の中に入ると、受付。更新代の支払い。視力検査と進みます。とても係員さん達がテキパキしていまして、あっという間に手続き終了しました。そして、2時間の車の講習を受けることになりました。
講習内での席順は教官によって予め決まります。右側に女性。左側に男性と、女性と男性を分けて座らせられます。なので更新場での出会いは一切ありません!(笑 当たり前だろうが!)
そして、私はなんと一番前の席に指名されました!!何故だ!!!??なるほど!!絶対私が、良い生徒に見えたからですね!(笑)
講習はおじいさん教官が、過去の事故の事例を紹介しながら説明してくれました。私は、一番前の席に指名された責任から、沢山教官の一言一言頷いて、眠くならないように頑張って聞いていました。
しかし、真面目に聞いていると、途中質問を何回もしたくなりました!そこで、質問をしようと思って少し声を出したのですが、周りも試験官も何か早く終わらせたい感じがあって、なんだか質問しにくい雰囲気。ハッとして、日本のレクチャーって確かこんな感じだったなぁ。なんて思い出しました。
アメリカだと、先生が説明している間でもイキナリ先生の説明を遮って手も上げずに生徒は質問しまくります。質問をしないと、しっかり聞いていることにならず、反応が悪い生徒の印象になります。聞くことがその生徒の評価になるのです。授業を盛り上げて、皆にも役立つ事になります。質問ありますかー?と言われて「無いです。」と答えると、あんまり喜ばれません。なので、ヴァイオリンのレッスンもそうですが、私がレッスン終わりに沢山質問をすると、キャロルにもマーティンにも喜ばれました。外国で、可愛がられるコツかもしれません。(しかし、点数を上げる為、わざとクダラナイ質問する輩が多いのも事実ですが)
私はアメリカでの癖が残っており、講習の間、質問したくてウズウズして仕方が無かったです。。日本の講習や授業が眠くなる原因がここにあるような気がします。一方通行のレクチャー。。別にここで、教官に好感もたれても、ゴールド免許が貰える訳では無いですけどね。折角の2時間、もっと楽しく、有意義に使うべき!と思いました。
現在、発表会の選曲を行っていますが、ついでに私のここ2,3年の為の選曲も行っています!楽しいですが、大変!
それでは、皆さんが明日も元気でありますように!(^^)

ヴァイオリン教室@池袋コミュニティ・カレッジ

【池袋コミュニティ・カレッジ】

〜ヴァイオリン・ヴィオラレッスン〜
・Violin Viola Lesson・

人気ヴァイオリン教本の著者・西谷国登の個人レッスン。「楽しく!上達」をモットーに、可能性を引き出し、練習意欲を掻き立てる独自のメソッドで、初心者から受験生まで各々のレベルに合わせて優しく楽しく指導いたします。まずはお気軽に体験レッスンにお越しください。初中級者20分、上級者30分レッスン。※ヴィオラのレッスンも承ります。

コメントを残す