「シューベルト物語」代役演奏

IMG_2465  一昨日は、みむみむの森主催の公演「シューベルト物語」で演奏のお仕事をして参りました。子供向けの演奏会ながら、演奏家も役者もなかなか豪華なキャストでした。

公演内容は、シューベルトの生涯を彼の曲と共に演奏するというものでした。

共演者の皆様は演奏は勿論!協調性も素晴らしい方達で、スムーズに物事が進んで気持ちよかったです。

 

今回私は、代役での演奏でした。なので、事前通し合わせ1回約1〜2時間という少ない練習機会で少々不安でしたが、なんとか乗り切れました。

ふぅ。

 

少し残念だったことは、、、

開演と同時にイキナリ子供のお客さんが泣きだして、演奏開始後10分以上泣き止まずご両親と撤退。

という事がありました。

IMG_2466いくら子供のための演奏会言えども、いくら未就学児がOKでも、泣く子&騒ぐ子供までOKにする必要は無いと思いました。これは他のお客様にも出演者にも失礼です。

他のお客様も、安くはないチケット代を払って御来場下さってますので、何か対応があっても良かったかな。と思いました。

ですが、総合的にとてもコンセプトが良い演奏会&公演だったと思います。

あと3回の公演があるみたいです!

是非最後まで、皆さんのご健闘をお祈り致します!

クララ・シューマンと仲間たち

練馬区文化振興協会主宰「クララ・シューマンと仲間たち」

日時:2019年10月19日(土)
会場:練馬文化センター小ホール
出演:西谷国登 毛利巨塵 坂田麻里
曲目:クララ・シューマン ファニーメンデルスゾーン ピアノ三重奏 他

女流音楽家たちの曲を中心にお届けします!
シューマンやブラームス、ショパンなど素晴らしい作曲家を輩出した19世紀のロマン派絶頂期。
この時代を生きた二人の女流作曲家クララ・シューマンとファニー・メンデルスゾーンは類まれなる才能がありながら、当時の社会で「女性」は作曲家としては認められることはありませんでした。
クララ・シューマンの生誕200年の時を経てよみがえる、女流作曲家とその仲間たちの作品をお聴きください。

コメントを残す