クニトInt’lユースオーケストラ第6回定期演奏会・終演!

クニトInt’lユースオーケストラ(通称・クニトオケ)の第6回目となった定期演奏会が東久留米まろにえホールにて行いまして、大成功のうちに終演しました!ご来場頂きました皆様、有難うございました!

まずはじめに、団員の保護者の皆さま、事務局の皆様、石オケからの助演団員の皆様、講師の皆様、お忙しい中多大なるご協力と貴重なお時間を頂きまして、本当にありがとうございました。皆様のサポートのおかげでユースの生徒達が立派に演奏出来たこと、誇りに思っております。

さて!

今回もクニトオケの生徒達の本番は、練習やリハーサルから想像出来ないほど素晴らしい演奏でした。指揮を振っていた私も、生徒達の熱演に驚かされました。親ばかならぬ、指揮者バカかもしれませんが、本当に皆凄かったです。しかし、毎回言っていることですが、普段から今日のような集中した演奏が出来ていれば、もっとより良い演奏が作れるのに!と思います。ソロを務めてくれた団員さん達も、本当に素晴らしかったです!さすが、私の生徒達だなぁと先生バカになってしまいました(笑)

また初の試みとして、今回ベートーヴェンの弦楽四重奏を弦楽合奏で(しかも!)指揮者無し(不在)で演奏しました。つまり、自分たちで合図をして、自分たちで音楽を作らなくてはならないという状況にしてみました。本番の演奏には、若干の心配をしておりましたが、想像よりかなりの手応えを感じました。アンケートでも評判は上々でしたよ。勿論、少し心配な箇所もありましたが、自分たちで(しかも本番で)修正が出来たこと、今後のソロやアンサンブルで必ず役に立つこと間違いないと思います。しっかりアンサンブルを学んで頂けたかと思います!

東久留米まろにえホールは、数年前に室内楽とお芝居の演奏仕事で1度利用させてもらいました。その時の印象より思ったより全然良い音響で、とても演奏しやすかったです。クニトオケには丁度よい大きさのホールで、来年も使用させていただけること嬉しく思います!

一つ反省点としては、こんな素晴らしい子達の演奏会をもっと沢山のお客様に聴いて欲しい。知ってほしいということです。来年に向けて、宣伝をもう少し工夫してより多くのお客様にご来場いただけるよう努力したいと思います。

次回は、2020年4月5日、ハープやヴァイオリン(私)との共演や、ドヴォルジャークの弦楽四重奏「アメリカ」など、楽しみな企画や曲を予定しております。是非来年もご来場ください!

そして、このオケでの演奏に参加したい、興味がある!という生徒さんの為に、8月からはじまる来期(第7シーズン)の新規団員募集を行います!(2019年)8月24日土曜の午後に入団オーディションを行いますので、興味がある生徒さん(親御さん)は、遠慮されず是非参加申し込みください!!沢山の参加&お申込みをお待ちしております!団員参加募集・申込みページはこちら!←

最後に本番前日の練習後、台湾ラーメン「味世」で講師の皆様と景気付けにご飯を食べたときの写真もアップします!プロの講師の皆様にも一緒に演奏してもらえること、団員の生徒達にはとてもとても貴重な経験です!

その他の集合写真は以下!(※他にも更新予定)

第10回西谷国登ヴァイオリンリサイタル

第10回西谷国登ヴァイオリンリサイタル 浜離宮朝日ホールシリーズ第4弾!!
日時:2020年5月10日(日)13時半開場14時開演
会場:浜離宮朝日ホール

出演:西谷国登 新納洋介 岡部梢 Kuito Shakuji String Orchestra(伊東佑樹(vn)・安藤梨乃(vn)・手塚貴子(vla) ・毛利巨塵(Vc)・酒井雅の(vla)・入江晴美(Vc)・松尾美弦(Vc)・李 玲花(vn)・佐藤有(cb) 他 順不同)

曲目:メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調(弦楽合奏版) 
メンデルスゾーン:ヴァイオリンソナタ第3番ヘ長調 他

クニトInt’lユースオーケストラ第6回定期演奏会・終演!” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す