ブラームス ヴァイオリンソナタ第2番

ブラームスヴァイオリンソナタの譜面

ブラームスはヴァイオリンソナタを3曲ほど書いていますが、特に有名なのは日本では1番「雨の歌」、その次に3番(アメリカでは逆でした)そして、ややマイナーなのが第2番。昨年私がリサイタルで演奏したのは1番と3番で、今年3月のヤマハリサイタルで演奏するのは、その第2番です。

第2番のヴァイオリンソナタは、他のヴァイオリンソナタと比べてマイナー言えども、演奏される事は少なからず、学生時代に聴く機会はありました。が、何が良いのか分かりませんでした。激しくも技巧的でもない。特に目立った有名なフレーズも無いですし、ずっとゆっくりな面白味の無い感じの曲。という感想を持っていました。

しかし、いざ演奏機会を得て、この曲の録音を聴いて練習を始めると、弾けば弾くほど味が出るわ出るわ。なんだこの名曲!?という衝撃を受けました。

ヴァイオリンの名曲は、テクニックや高音で響かせ華々しく書かれることが多いのですが、ブラームスは、ヴァイオリンという楽器をフルに活用し、技巧的なテクニック無しで、最大限ヴァイオリンを歌わせていたのです!!

また、2番は、1番と3番と違い、ピアノとの掛け合い、アンサンブルを多く感じます。

もちろんブラームスのヴァイオリンソナタは、恋心を抱いていたクララシューマンの影響がとてもあり、ヴァイオリンソナタには、クララが好んで歌っていた歌曲のモチーフが取り入れられています。

聴くのと弾くのでは大違いでした。リサイタルでは、この曲の魅力を伝えられるよう思い切り演奏しようと思います。

是非ヤマハ銀座でのリサイタル、限定80名さまですが、ご来場ください!お申込みは、お電話かこちら!

ヴァイオリン自由自在

音楽書籍ヴァイオリン自由自在が発売されました!

「ひたすら練習」から解放される日。もう小難しい理屈はいらない!テクニックの上達も練習の工夫もできるだけ簡略化して実践してみよう。テクニック修得とメンタリティを総合した学習のヒントです!

コメントを残す