子供のやる気スイッチの探し方(西谷国登編)

image

ヴァイオリンという楽器を使って、教育分野に関わり約20年が経ちましたが、生徒は十人十色。まだまだ分からない事だらけです。

そんな中、子供の「やる気スイッチ」を見つける為に、何百問の性格判断アンケートに答えてやる気を探し出し、教育指導する。という教育法がテレビのCMでやっていました。私は、これなら私も勉強が出来るようになったのでは!?と興味を持ちました!(^^ゞ

しかし、暫く考えて、勉強が出来るようになるのは「その子の性格の問題」だけではないのでは!?と思い直すようになりました。

勿論、親御さんの努力も必要だと思いますよね。「どの子も育つ親次第」という鈴木メソッドの創立者・鈴木慎一先生の有名なお言葉がありますが、頷ける反面、親御さんの努力だけでは足りないのでは?と物凄く努力されている親御さん達を見てきて思います。

そこで、例外はあると思いますが、私が考えるやる気スイッチ、才能を引き出す為の3条件を考えてみました。

その条件とは、

1.その分野に関する第3者の専門家(先生、活躍している方、占い師でもOKかな?)から、2つ以上の才能を見つけられて直接褒められ認められ、その分野に自信を得る!

2.親御さんも、その分野に興味を持ち、子供の才能を信じ続け、才能を伸ばす「環境」を作る。もしくは、環境を作る努力をする!これは、持続させなくてはならないので簡単ではありません。お金だけでは解決出来ない問題かもしれません。

3.その才能に同意するだけではなく、その才能の先(夢や目標)を掲げて才能を伸ばしてくれる師に出会い、親子共々その目標と才能を強く信じる!そして、先生や師匠と親子の3人(もしくは4人)バランス良い連携・コミュニケーションを取る。

以上3条件があればより、間違いのないスイッチが入るのではないかなと思います。どうすれば3条件揃うかは、その時の工夫次第かなぁと思います。

正直、自分に子供が出来たらと想像すると、上記の3条件を揃えることは簡単では無いだろうなぁと思います。

と色々言いつつ、

本当に即効性がある一番良いやる気スイッチ作成方法は、ご褒美がある事ですかねぇ〜!笑 ご褒美があるとがんばれますもんねぇ(^^ゞ

第10回西谷国登ヴァイオリンリサイタル

第10回西谷国登ヴァイオリンリサイタル 浜離宮朝日ホールシリーズ第4弾!!
日時:2020年5月10日(日)13時半開場14時開演
会場:浜離宮朝日ホール

出演:西谷国登 新納洋介 岡部梢 Kuito Shakuji String Orchestra(伊東佑樹(vn)・安藤梨乃(vn)・手塚貴子(vla) ・毛利巨塵(Vc)・酒井雅の(vla)・入江晴美(Vc)・松尾美弦(Vc)・李 玲花(vn)・佐藤有(cb) 他 順不同)

曲目:メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調(弦楽合奏版) 
メンデルスゾーン:ヴァイオリンソナタ第3番ヘ長調 他

コメントを残す