【連載企画】第3回子供に練習をさせる18の方法「ご褒美をあげる」

※連動企画「どうしてヴァイオリンを練習するか?!」【全23回】もYoutube(動画)やPodcast(音声のみ)で配信中!是非合わせてご視聴ください!!

「ご褒美をあげる」

故鈴木鎮一先生メソッドの一つに、練習時のご褒美に「お菓子を与える」という指導法があります。

私が子供の頃、スズキメソッドでレッスンを受けていた先生のお話で「合宿に行くと、お菓子を与えられるので、太って困っちゃうのよぉ〜」という会話をされていたのを幼いながらにも記憶しております。

「ご褒美をあげる」という行為は、人間に何かを行動させる時には、動物的にも!?大事な行為なのかなと思いますよ。

調教師がイルカのショーをさせる為には、きっと沢山のご褒美であるお魚が使われていると思います。
そういうショーを観て鈴木先生も、思いついたんじゃないかなぁと思います。笑

こんな話を聞いて、うちの子供は、イルカじゃない!人間だ!と仰られる方もいるでしょう。ごもっともです。・・・・というと、一方「人間もイルカも同じ生物だ」と。動物保護団体から怒られそうですが、、、って、そんな話をしたいわけではございません!

戻ります。

とにかく、ご褒美をあげて練習させるというやり方は、私は素晴らしいやり方だと思います。

但し、持続性が必要なので、出来るだけ安いお菓子とか、安価なご褒美が良いかと思います。高価だとあげる方ももたないですからね。

例えば、ポッキーを一本ずつ置いておいて、練習した度にもらえる。とかルールを作ると良いですよね。

私の場合は、UNOでした。ゲームのUNOです。一ヶ月間休み無くちゃんと練習して、ある教本を終わらせたら、UNOを買ってくれるという制度です。

その結果、UNOは手に入れることは出来ました!!が、その後の練習持続が無くなりました。これだとちょっと残念です。

なので、持続可能なご褒美が良いかなと思います。

もちろん、その世代によって、持続可能なご褒美というのは、見つかりにくいです。二十歳過ぎたら、お酒とか!?笑

とにかく、ご褒美を考えて小さな目標を作って行くということは大事な練習方法の一つだと思います!

〜子供に練習をさせる18の方法シリーズ〜
【連載企画】第1回子供に練習をさせる18の方法「楽器にプライドを持たす」
【連載企画】第2回子供に練習をさせる18の方法「音楽ドラマを見せる」
【連載企画】第3回子供に練習をさせる18の方法「ご褒美をあげる」
【連載企画】第4回子供に練習をさせる18の方法「目標を与える」
【連載企画】第5回子供に練習をさせる18の方法「褒める」
【連載企画】第6回子供に練習をさせる18の方法「親御さんが興味をもっと持つ」
【連載企画】第7回子供に練習をさせる18の方法「ルーティーンにする」
【連載企画】第8回子供に練習をさせる18の方法「ライバルを作らせる」
【連載企画】第9回子供に練習をさせる18の方法「悲しそうな顔をする」
【連載企画】第10回子供に練習をさせる18の方法「レッスンを増やす」
【連載企画】第11回子供に練習をさせる18の方法「お昼寝をさせる」
【連載企画】第12回子供に練習をさせる18の方法「弾けるなら一緒に弾く」
【連載企画】第13回子供に練習をさせる18の方法「頼み込む」
【連載企画】第14回子供に練習をさせる18の方法「焦らせる」
【連載企画】第15回子供に練習をさせる18の方法「好きな演奏を見せる」
【連載企画】第16回子供に練習をさせる18の方法「練習しろと少し言う」
【連載企画】第17回子供に練習をさせる18の方法「楽器のケースに鍵をかける」
【連載企画】第18回子供に練習をさせる18の方法「練習したらどうなるのかリアルに伝える」

コメント

タイトルとURLをコピーしました