【連載企画】第16回子供に練習をさせる18の方法「少し具体的に練習しなさいと言う」

※連動企画「どうしてヴァイオリンを練習するか?!」【全23回】もYoutube(動画)やPodcast(音声のみ)で配信中!是非合わせてご視聴ください!!

「少し具体的に練習しなさいと言う」

毎日ガミガミ練習しなさい!と言うのも、効果がないどころか、親子関係が悪くなり、良くないのですが、逆に「練習しなさい!」と言わなすぎるのも実は問題です。
無関心になってしまうと、子供もグレます。そんなことはないかな?笑

毎日のように、ヴァイオリン練習しなさい!と言われれば、慣れてしまいます。
なので、時々言って、気付かせる程度であればよいのかなと思います。

また、突然、練習しなさい!と言わなくなった途端、練習をはじめる子供もいると聞きます。
逆に、練習しなさいと言わないと、本当に練習をしなくなっちゃうパターンもあります。苦笑

一人実は、ある程度才能ある上手な生徒がいました。
ですが、その親御さんは「本当にこの子は練習しないんですよぉ」と私に会えば口癖のように言われていました。
そして、その親御さんの親御さん、つまり、おばあちゃんがレッスン来たときがあったのですが、そのおばあちゃんも口揃えて「本当に練習しないんですよぉ。」と言われ続けるかわいそうな生徒がいました。きっと家でも、その子によく練習しない。と家族でよく言っていたのでしょうね。

私は、言霊ってあると思います。もし、親御さんの口癖が「練習しないんですよぉ」が、「この子は「練習はよくしてるんですよぉ。でも惜しいんです」だったら、ヴァイオリンを辞めずに変わったじゃないかなと予測します。後の祭りですが。。。でも、そのお母さんも、もう口癖になってましたから、仕方ないですが・・。

また、練習しなさい。という時に具体的に言うと効果的な事もあると思います。何の曲のどこどこの部分、ほら先生から言われたところあるでしょ?あそこの部分なんとかしちゃったら?という感じ。練習しなさいだけだと、とても抽象的ですが、具体的に言われれば、説得力も増します。

あとは・・・。練習しましょう!とか練習しようとか、Let’s〜の文に言い換えると、命令形にならないので、子供としては受け入れやすいかなと思います。

言い方は、本当に大事だと思います。是非練習しようの頻度と工夫を考えてみてください!

〜子供に練習をさせる18の方法シリーズ〜
【連載企画】第1回子供に練習をさせる18の方法「楽器にプライドを持たす」
【連載企画】第2回子供に練習をさせる18の方法「音楽ドラマを見せる」
【連載企画】第3回子供に練習をさせる18の方法「ご褒美をあげる」
【連載企画】第4回子供に練習をさせる18の方法「目標を与える」
【連載企画】第5回子供に練習をさせる18の方法「褒める」
【連載企画】第6回子供に練習をさせる18の方法「親御さんが興味をもっと持つ」
【連載企画】第7回子供に練習をさせる18の方法「ルーティーンにする」
【連載企画】第8回子供に練習をさせる18の方法「ライバルを作らせる」
【連載企画】第9回子供に練習をさせる18の方法「悲しそうな顔をする」
【連載企画】第10回子供に練習をさせる18の方法「レッスンを増やす」
【連載企画】第11回子供に練習をさせる18の方法「お昼寝をさせる」
【連載企画】第12回子供に練習をさせる18の方法「弾けるなら一緒に弾く」
【連載企画】第13回子供に練習をさせる18の方法「頼み込む」
【連載企画】第14回子供に練習をさせる18の方法「焦らせる」
【連載企画】第15回子供に練習をさせる18の方法「好きな演奏を見せる」
【連載企画】第16回子供に練習をさせる18の方法「練習しろと少し言う」
【連載企画】第17回子供に練習をさせる18の方法「楽器のケースに鍵をかける」
【連載企画】第18回子供に練習をさせる18の方法「練習したらどうなるのかリアルに伝える」

ヴァイオリン自由自在

音楽書籍ヴァイオリン自由自在が発売されました!

「ひたすら練習」から解放される日。もう小難しい理屈はいらない!テクニックの上達も練習の工夫もできるだけ簡略化して実践してみよう。テクニック修得とメンタリティを総合した学習のヒントです!

コメントを残す