【連載企画】第8回子供に練習をさせる18の方法「ライバルを作らせる」

※連動企画「どうしてヴァイオリンを練習するか?!」【全23回】もYoutube(動画)やPodcast(音声のみ)で配信中!是非合わせてご視聴ください!!

「ライバルを作らせる」

この「ライバルを作り、練習をさせる方法」は、副作用を伴うので使用法に注意しなくてはなりませんが、効果は人によっては絶大です。特に勝ち気の生徒にはもってこいです。

ただ、生徒によっては、ライバルを作るとなると、その人と比較をすることになるので、最高の指導法では無いと理解しております。劇薬と言うのでしょうか。

なので、この方法を用いる時は、事前に親御さんに確認してから使います。
安易にこの方法を指導時に使うと、親御さんによっては、当たり前ですが気分を害されることも多々あります。
なので、必ず親御さんの同意を得られてから使います。これが指導者へのこの指導法使用法の注意です。

少し話がずれましたが、上手い生徒が近くにいる、もしくは登場した時に、不快になることってありませんか?
私はありました。
ですが、私の師匠の、故田中千香士先生曰く「え〜ぼくは、上手い人がいるとすっごく嬉しかったんだよね。だってその人をライバルに設定すれば上手くなるじゃない」って言われました。
私は、当時はその意味は分かっていませんでしたが、先生になり教室を運営していくと、その意味を理解することが出来ます。

類は友を呼ぶ。という言葉がありますが、これは本当だと思います。
例えば、すごく上手い生徒が新入生として教室に入ってきた時に、その生徒に誰も無関心だと絶対に教室のレヴェルは上がりません。
ですが、私の教室はラッキーなことに、(勿論私の方針ですが、)横の関係を重視している生徒や親御さんたちが多く、直ぐに新しい生徒を受け入れて仲良くしてくれます。仲良くなるということは、関心があるわけですから、それなりなライバル心も少なくとも出てくるはずです。
類は友を呼ぶの成立過程は、こういうことでもあると思います。
しかし、その逆は無関心で、お話もしなければ、交わらない。類は友を呼ぶは成立しないのです。
仲良く楽しくでも一方で無意識レベルでライバルになり、それで私の教室は上達してきたと自負しております。

少し話がずれましたが、ただ、私の場合は、そういう教室にいたわけでも無いですし、目標とする友人もいませんでしたし違いました。
なので、私は、少しぶっ飛んでいたと自覚しております。
なんと私のライバルは、ハイフェッツとかパールマンとか、とにかく偉大なヴァイオリニストをライバルに考えて練習しておりました。
ハイフェッツが、例えば160の速さで弾こうものなら、180の速さで弾いてやろうと努力しておりました。(今もですけど、、苦笑)

よく、コンクールの○○ちゃんに憧れて、とか○○ちゃんを目標に、、とか聞きますが、私は、その目標は理想ではないと思います。
というのも、その子が必ずしもヴァイオリニストになるとは分からないですし、直ぐにやめちゃうかもしれませんし、もしかしたら落ちこぼれる可能性もあります。1位を取っていた子が予選で落ちることもあります。そしたら、目標にしていた子達は、どうなるでしょうか。

私は、もっと高い目標に憧れる、歴史上のヴァイオリニストなど、一生憧れる存在をライバルにすることが、楽しく続けられる条件なのではないかなと思います!

〜子供に練習をさせる18の方法シリーズ〜
【連載企画】第1回子供に練習をさせる18の方法「楽器にプライドを持たす」
【連載企画】第2回子供に練習をさせる18の方法「音楽ドラマを見せる」
【連載企画】第3回子供に練習をさせる18の方法「ご褒美をあげる」
【連載企画】第4回子供に練習をさせる18の方法「目標を与える」
【連載企画】第5回子供に練習をさせる18の方法「褒める」
【連載企画】第6回子供に練習をさせる18の方法「親御さんが興味をもっと持つ」
【連載企画】第7回子供に練習をさせる18の方法「ルーティーンにする」
【連載企画】第8回子供に練習をさせる18の方法「ライバルを作らせる」
【連載企画】第9回子供に練習をさせる18の方法「悲しそうな顔をする」
【連載企画】第10回子供に練習をさせる18の方法「レッスンを増やす」
【連載企画】第11回子供に練習をさせる18の方法「お昼寝をさせる」
【連載企画】第12回子供に練習をさせる18の方法「弾けるなら一緒に弾く」
【連載企画】第13回子供に練習をさせる18の方法「頼み込む」
【連載企画】第14回子供に練習をさせる18の方法「焦らせる」
【連載企画】第15回子供に練習をさせる18の方法「好きな演奏を見せる」
【連載企画】第16回子供に練習をさせる18の方法「練習しろと少し言う」
【連載企画】第17回子供に練習をさせる18の方法「楽器のケースに鍵をかける」
【連載企画】第18回子供に練習をさせる18の方法「練習したらどうなるのかリアルに伝える」

ヴァイオリン自由自在

音楽書籍ヴァイオリン自由自在が発売されました!

「ひたすら練習」から解放される日。もう小難しい理屈はいらない!テクニックの上達も練習の工夫もできるだけ簡略化して実践してみよう。テクニック修得とメンタリティを総合した学習のヒントです!

コメントを残す