【連載企画】第9回子供に練習をさせる18の方法「悲しそうな顔をする」

※連動企画「どうしてヴァイオリンを練習するか?!」【全23回】もYoutube(動画)やPodcast(音声のみ)で配信中!是非合わせてご視聴ください!!

「悲しそうな顔をする」

親御さんたちは、子供に、練習しなさい!と言われる時は、喜怒哀楽では、多分9割型、怒りの表現をされると思います!

そこで、妙案なのですが、そういう指導をされる時、喜怒哀楽の哀を使用するのはどうでしょうか?
演技でも構いませんが、かなり強い演技力が試されます。でも、時に親御さんには、演技力も求められるときもあると思います。

子どもたちって、実は自分が怒られるより、親が怒られ悲しむ方がキツイんです。
そして逆に、親御さんも、自分が責められるより、子供が責められる方が辛いようです。よく私が子供を躾けようとすると、親御さんが先行して何かしらの理由を言って止めようとする場合が多く見られます。

それを逆手に取った指導方法なのですが、練習しなさい!と怒られるのを、子供ではなく、親御さんにすると少し状況が変わることがあります。
内密に、先生に怒ってもらうのを頼むのも良いでしょう!拒否されるかもしれませんが。。笑

あるピアニストの証言なのですが、お母さんがいつも先生に怒られてレッスンの帰りに泣いていた。だから、お母さんを泣かせたくなく頑張って練習した。というのがありました。これは、強い母親を持った私からすれば、かなり衝撃的なお話でした。

ということで!?
怒るのはやめて、「あのさ、、練習しない・・の・・・?」と悲しめに言うのはどうでしょうか?
本当に練習をしないことを悲しそうに言うんです。上手く心から演技出来れば、子供も悲しくなりますよ。
その時、二人で泣ければ90点です。100点は、子供がお母さんが悲しいのを見て、ベッドとか他の見られない場所で泣くことです。
でも、その姿をみた親御さんはもしかしたら、キツくて、今度は本当に泣くことでしょう。
そういう親御さんの演技努力も、プロになる過程では必要なのかもしれません!?

〜子供に練習をさせる18の方法シリーズ〜
【連載企画】第1回子供に練習をさせる18の方法「楽器にプライドを持たす」
【連載企画】第2回子供に練習をさせる18の方法「音楽ドラマを見せる」
【連載企画】第3回子供に練習をさせる18の方法「ご褒美をあげる」
【連載企画】第4回子供に練習をさせる18の方法「目標を与える」
【連載企画】第5回子供に練習をさせる18の方法「褒める」
【連載企画】第6回子供に練習をさせる18の方法「親御さんが興味をもっと持つ」
【連載企画】第7回子供に練習をさせる18の方法「ルーティーンにする」
【連載企画】第8回子供に練習をさせる18の方法「ライバルを作らせる」
【連載企画】第9回子供に練習をさせる18の方法「悲しそうな顔をする」
【連載企画】第10回子供に練習をさせる18の方法「レッスンを増やす」
【連載企画】第11回子供に練習をさせる18の方法「お昼寝をさせる」
【連載企画】第12回子供に練習をさせる18の方法「弾けるなら一緒に弾く」
【連載企画】第13回子供に練習をさせる18の方法「頼み込む」
【連載企画】第14回子供に練習をさせる18の方法「焦らせる」
【連載企画】第15回子供に練習をさせる18の方法「好きな演奏を見せる」
【連載企画】第16回子供に練習をさせる18の方法「練習しろと少し言う」
【連載企画】第17回子供に練習をさせる18の方法「楽器のケースに鍵をかける」
【連載企画】第18回子供に練習をさせる18の方法「練習したらどうなるのかリアルに伝える」

ヴァイオリン教室@池袋コミュニティ・カレッジ

【池袋コミュニティ・カレッジ】

〜ヴァイオリン・ヴィオラレッスン〜
・Violin Viola Lesson・

人気ヴァイオリン教本の著者・西谷国登の個人レッスン。「楽しく!上達」をモットーに、可能性を引き出し、練習意欲を掻き立てる独自のメソッドで、初心者から受験生まで各々のレベルに合わせて優しく楽しく指導いたします。まずはお気軽に体験レッスンにお越しください。初中級者20分、上級者30分レッスン。※ヴィオラのレッスンも承ります。

コメントを残す