クニトリオ特別公演@大泉学園ゆめりあホール(西谷国登リサイタルスピンオフシリーズOp.2)

2022年12月26日、クニトリオ特別公演@大泉学園ゆめりあホール(西谷国登リサイタルスピンオフシリーズOp.2)を開催いたしました!

はじめに、フライヤープログラムデザイナーから、受付、ホール管理まで一人数役を勤めてくださりました秋山千尋さん、そして、偉大なチェリストとして!?なんと受付&舞台監督、カメラ撮影までサポートくださりました大木翔太先生、そして、佐藤有さんのピンチヒッターで来てくださりました下倉バイオリンの神谷さま、アナウンス&司会進行をしてくださりました高野ザンクさま、ゆめりあホールスタッフの皆様、そして、なにより、ご来場くださりました皆々様に感謝申し上げます!!!!!

3人の雰囲気は、練習からずっと打ち上げをやっているような感じでした。笑。

大声で笑いながら冗談を言い合いすぐに時間が過ぎてしまう練習でしたが、集中してやるときゃやる!のプロ精神!?で演奏会当日まで一緒に練習してきました。

この2つのヴァイオリンとヴィオラという珍しい編成での初演奏会ということや、曲の難易度の高さから多少の緊張はしましたが、3人と演奏できたことがなにより楽しかったです。お客様たちも楽しんで貰えていれば光栄です!

また、本日は朝からかなり多くのコロナ感染で来れないというご連絡がありまして、過去一番コロナで被害が出た演奏会になりました。

とてもお客様に来てもらえるか不安になりましたが、開演時間になりますと私たちの想像より多くのお客様にご来場いただけました!もしコロナ感染で来れなかったお客様がご来場されたら、満員近くになったくらいで本当に嬉しい限りでした。お客様皆様のおかげで演奏会が上手くいきましたこと、本当に一同感謝申しあげます。ご来場ありがとうございました。

今回この企画を立ち上げたきっかけは、年末にわたしも演奏会がしたい!!一番仲の良い、絶対楽しく練習も演奏会もできる演奏家とやりたい!と考えた瞬間に、既に、わたしは伊東佑樹先生、手塚貴子先生に連絡をしていて、なんと思いついてから約5分以内に演奏会が決まりました。御二方プロオケ奏者は、年末が一番忙しい時期なのに、付き合って演奏会に協力してくださり本当に感謝でした。

また、高野ザンク氏もお忙しい仲、mc原稿を念入りに作ってくださり準備して、お話を進行くださり私たちのサポートをしていただきました。今回ミクプロ含め3回目の舞台出演となりましたが、一番綺麗に分かりやすく、進行もスムーズに面白く行ったかなと思います。ありがとうございました。m(_ _)m

最後には、サイン会を行い、ご来場いただきましたみなさまと交流させていただきました。

この演奏会は、来年も再来年も続く様にしていきたいなと思っております。それに、この3人の編成なら、身軽なので色々な演奏会や、演奏旅行とかも!?出来るのではないかなと思います。次は、クニトリオ+1という声も!?クヮルテットなんかも良いかもしれませんね。

クニトリオの公演は、わたしにとって、今年最後の演奏会となりました。

昨年はコロナで演奏活動を自粛していましたが、今年は、誕生日の演奏会から、浜離宮でのリサイタル、秋のピアノ三重奏演奏会、アメリカ演奏旅行、そして最後にクニトリオの演奏会と、かなり内容の濃い1年間でした。無事演奏会が中止になったりせずに全ての演奏会を開催できたこと、本当に皆様に感謝申し上げます。今年まとめのお話については、また年末ブログ更新させていたきます。

本日は、本当に寒い中、ご来場くださりましてありがとうございました。また来年もがんばりますので、どうぞサポート&ご来場、応援よろしくお願いいたします!!

西谷国登

おまけ動画(リハーサル動画)