クニトオケ定期演奏会(4月5日)に向けて本格始動!

今年は、私にとって大きな演奏会が幾つかありますが、そのプランの一つに、モーツァルト作曲のフルートとハープのための協奏曲という曲を、クニトInt’lユースオーケストラ、通称クニトオケで4月5日に演奏する計画があります。

この曲との出会いは、約17年前、私がはじめてボードイン音楽祭(メイン州)というアメリカの大きな音楽祭に参加し、オーケストラ奏者として演奏した時でした。なんだか夢の中で演奏しているようだった気がします。指揮はジュリアード音楽院のルイスカプラン先生、ソリストの名前は覚えていませんが、フルートもハープの音色も物凄く鮮明に覚えております。

そんな曲を、弦楽合奏で、フルートをヴァイオリンのパートにして、今度は私がソリストとして、ハープと演奏するということを行っちゃいます!この曲をフルートをヴァイオリンにして演奏するということはあまり聞いたことが無いので、多分世界初かどうかは分かりませんが、日本初に近いんじゃないかなと思います。

そして今日は、東海林悦子(しょうじ・えつこ)先生をお迎えして、はじめての合わせ練習を行いました。

東海林先生は、普段はフランス在住の第一線で活躍する超一流のハーピストです。今回は一時的な帰国でたまたま練習する機会をラッキーにも得ることが出来ました。
そんな東海林先生とまだ準備中のクニトオケの生徒たちと練習することには、少し申し訳なさを感じましたが、クニトオケの生徒たちにとって、一流のハーピストと演奏出来る機会はまずありません!今日は、生徒たちは、本当に贅沢で素晴らしい経験をしたと思います。また、沢山のアドヴァイスを頂き、すごく為になったかと思います。

東海林先生のハープの音は、音楽的なだけでなく魅力溢れ、幼稚園の団員でさえ「ほんとにきれいぃ〜!」とうっとりしておりました。私も共演させて頂き、楽しく光栄に思います!

手塚先生の指揮の公式共演も、4月がはじめてとなります!手塚先生の指揮にも沢山助けられております!(^^)

是非、みなさんも興味がありましたら、演奏会にも足をお運びいただければと思います!!よろしくおねがいします!

演奏会情報は以下の通りです!

〜クニトInt’lユースオーケストラ第7回定期演奏会〜

 ・指揮 西谷国登
・日時 2020年4月5日(日)13時30分開場 14時開演
・会場 東久留米市立生涯学習センター まろにえホール
・入場無料・チケット不要
・曲目
 W.A.モーツァルト:ディヴェルティメントニ長調 K136
W.A.モーツァルト:フルートとハープのための協奏曲
    ゲスト指揮:手塚貴子   ハープ:東海林悦子
    ヴァイオリン(フルート):西谷国登
A.ドヴォルザーク:弦楽四重奏第12番「アメリカ」より 第1楽章&第4楽章

※これまでの定期演奏会の歴史はこちら!

クニトオケ団員募集

クニトInt’lユースオーケストラでは現在弦楽器のヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスが演奏できる団員を募集しております。興味がある方は、ぜひお問い合わせください!お待ちしております。東京・練馬区・石神井公園にて隔週練習を行っております!

クニトオケ定期演奏会(4月5日)に向けて本格始動!” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す