森下仁丹 鼻・のど甜茶飴

今日は、命の恩人ではなく、命の恩のど飴??を紹介します。

森下仁丹 鼻・のど甜茶飴というのど飴をAmazonで箱買いしました。

昨年のクラコン(日本クラシック音楽コンクール)審査でご一緒した先生からご紹介して頂いた飴なのですが、音楽界、とくに声楽界では有名らしく、私の長年の悩みも解決されました。

実は、日本に戻ってから、慢性的に喉が痛くなったり、声が出なくなったりしていました。

いや、、今も正直、しておりますが、、、

とにかく、私の耳鼻咽喉系は最悪な状況。大きい病院に行って喉にカメラを突っ込まれて診てもらっても「あー喉が小さいからね、あんまり喉を使わなければ良いんですよ」と言われたりする始末。

ですが、普段の個人レッスンにしても、オーケストラの指導にしても、元気に楽しく大声でレッスンする事が「私の売り」だと自分でも思っています。(人によっては望まないかもしれませんが、、(汗))このままだと一生続けられないどころか、教師寿命があと数年になっちゃう。とにかく、なんとかしなきゃ!と焦って漢方やプロポリス、マヌカハニー、色々とやってみました。

一応、全て効き目はありましたが、とにかく延命処置みたいな感じでした。

しかしこの森下仁丹 鼻・のど甜茶飴、とても感動的に!!効きまして、喉の痛さ、声枯れが劇的に改善するのです。勿論、すぐに興奮して大声レッスンをはじめれば、ダメなのでイタチごっこになりますが。でも、今まで試したものでは1番効きました。

この森下仁丹 鼻・のど甜茶飴話によると、一度販売中止だか販売終了になったとか。それで、声楽家の方違が署名運動で、また再販されたらしいです。これがまた販売終了になったらもう私の人生大変です。どうか一生この先売り続けて貰えたらと思います。本当に。箱買いで沢山買って保管して置こうかな。(笑)

また、眠っていたアメブロ再開しました。こちらの(本家)ブログを更新した際にアメブロでも紹介しております。たまに覗いてくださると助かります!

アメブロブログ

https://ameblo.jp/musickuni/

クララ・シューマンと仲間たち

練馬区文化振興協会主宰「クララ・シューマンと仲間たち」

日時:2019年10月19日(土)
会場:練馬文化センター小ホール
出演:西谷国登 毛利巨塵 坂田麻里
曲目:クララ・シューマン ファニーメンデルスゾーン ピアノ三重奏 他

女流音楽家たちの曲を中心にお届けします!
シューマンやブラームス、ショパンなど素晴らしい作曲家を輩出した19世紀のロマン派絶頂期。
この時代を生きた二人の女流作曲家クララ・シューマンとファニー・メンデルスゾーンは類まれなる才能がありながら、当時の社会で「女性」は作曲家としては認められることはありませんでした。
クララ・シューマンの生誕200年の時を経てよみがえる、女流作曲家とその仲間たちの作品をお聴きください。

コメントを残す