新Mac miniレビュー

Mac mini 2018製

Mac mini 2018年製を4ヶ月ほど迷った末に遂に手に入れました。これまでは、全Apple製品の母艦としてiMac Retina 2014年製 27インチを使用してきましたが、5年振りにMac miniに買い替えました。

もちろん、まだまだiMacも使用できますし、不都合はあまりないのですが、以下の理由をもって手放すことにしました。

  • iMac27インチだと部屋の机には大き過ぎる。
  • iMac27インチだとRetinaディスプレイいえども、私の目では(乱視だから?)結構文字が読みづらく見づらい。
  • iMacだといざ修理したいときにApple Storeに持っていくことが簡単ではないし、モニターごと持っていくことに不安
  • Mac miniは、USB-CやUSB3.0ポートが沢山あり、圧倒的に使いやすい
  • Mac miniは、モニターやテレビさえあれば、あちこち持って移動できる
  • Mac miniのSSDが2TBまでカスタマイズ可能
  • Mac miniのメモリがDDR4で64Gまで増設可能
  • 今ならiMac引き取り先がある。

などなどです。

本当はもっと早くに購入をしようと思っていたのですが、Mac miniの値段と、なによりGPUの性能が、Mac mini 2018年製より2014製のiMacの方が優れているのです。これではアップグレードする意味が無い。

そこで、最終購入決断理由はFinal Cut Proの使用でした。Final Cut Proはみなさんご存知のようにApple推奨のプロ向け動画編集ソフトですが、このソフトで動画編集をしていると、iMacではエンコードが遅かったり、容量が少なかったりストレスがありました。

動画編集はとにかく、多くのメモリと容量を喰います。私が先日作った動画は100GB前後で私のSSDを圧迫しております。更に、32GBあったメモリが無くなり、しょっちゅう強制終了しておりました。DDR4にアップグレードされているので、きっと速く安定性もあるようになったと願います!

ノートブック型のMacbookシリーズや、iPhoneは毎年買い替えておりますが、デスクトップはiMacであるが故に、部屋から持ち出すことが出来ずに、5年間使い型落ちさせてしまいました。当然、売るときの値段も下がっていて残念なのですが、でもよく使い元は取れたかなと思います。

昨年出た製品はすべて値段が跳ね上がっておりましたが、私の想像ではiphoneRがコケたので、これ以上Apple製品は高くなることは無いでしょう。地球にやさしいAppleも大事ですが、消費者にも優しいAppleを目指してほしいところです!

今年は、ティム・クック氏曰くAppleから大きな新製品が出るとのこと、期待しております!!いつか、スティーブ・ジョブズ・シアターに新製品発表会にロスに行ってみたいですねぇ!

クララ・シューマンと仲間たち

練馬区文化振興協会主宰「クララ・シューマンと仲間たち」

日時:2019年10月19日(土)
会場:練馬文化センター小ホール
出演:西谷国登 毛利巨塵 坂田麻里
曲目:クララ・シューマン ファニーメンデルスゾーン ピアノ三重奏 他

女流音楽家たちの曲を中心にお届けします!
シューマンやブラームス、ショパンなど素晴らしい作曲家を輩出した19世紀のロマン派絶頂期。
この時代を生きた二人の女流作曲家クララ・シューマンとファニー・メンデルスゾーンは類まれなる才能がありながら、当時の社会で「女性」は作曲家としては認められることはありませんでした。
クララ・シューマンの生誕200年の時を経てよみがえる、女流作曲家とその仲間たちの作品をお聴きください。

コメントを残す