第7回夏の音楽祭弦楽セミナー@池袋コミュニティ・カレッジ2019

2019年、8月3日(土)4日(日)と2日間にわたり、池袋コミュニティ・カレッジにて夏の音楽祭・弦楽セミナーが開催されました。ご参加いただきました受講生の皆々様、田邉さまをはじめとする、池袋コミュニティカレッジのスタッフの方々、そして講師として手伝ってくださりました、手塚先生、伊東先生、安藤先生、毛利先生に感謝申し上げます!

セミナー参加者は、6歳から幅広い年代の方まで約30人一緒に演奏いたしました。団長千葉さん率いる「九段下樂芸団」のみなさま、石神井Int’lオーケストラクニトInt’lユースオーケストラ、それにもちろん私の教室(KISS)や、池袋コミカレ恵比寿よみかるでの教室の生徒たちも一同に集まり交流されている皆さんをみていて、とても嬉しく思いました。

また、今回7回目にしてはじめて、なんと!北海道・函館から、この弦楽セミナーのためだけに東京にきてくださりました方もいらっしゃいました。とても段々とコミカレセミナーも有名になってきた証拠ですね!

他に、普段ヴァイオリンを専攻している生徒がヴィオラに挑戦する機会もあり、皆さん一人ひとりが色々な方法でセミナーを楽しんでいただきました。

今回演奏したのは、二曲。モーツァルトのディベルティメントニ長調 K136とメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲ニ短調の3楽章です。

モーツァルトのディベルティメントは有名なこともあり、受講生の皆様が、楽しく生き生きと演奏されていまして、私もとても楽しく指揮をさせていただきました。

メンデルスゾーンは、東フィルヴィオラ奏者であられる手塚貴子先生が、ゲスト指揮をされました。実は手塚先生にとって今回が指揮のデビュー機会でして、私はソリストとして共演させていただきました。とても光栄でした。

2日間という短い期間ですが、受講者の皆さんは真面目に楽しく練習されてて、上達が目に見えるように分かり、指導していてやり甲斐がとてもありました。とても良い本番、演奏だったと思います!本当にお疲れさまでした。

最後に講師陣の皆さんとの写真。とてもオーラのある皆さんです!みなさまお疲れさまでした!

ヴァイオリン自由自在

音楽書籍ヴァイオリン自由自在が発売されました!

「ひたすら練習」から解放される日。もう小難しい理屈はいらない!テクニックの上達も練習の工夫もできるだけ簡略化して実践してみよう。テクニック修得とメンタリティを総合した学習のヒントです!

コメントを残す